読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんしうい日記

地方で研修医してるひとの雑記帳

『脳を最適化すれば能力は2倍になる』

f:id:parox_m:20161218223822j:plain

精神科医樺沢先生の新刊

神経伝達物質に興味があるので拝読させていただきました。

ドーパミン

・アドレナリン

・エンドルフィン

アセチルコリン

ノルアドレナリン

セロトニン

メラトニン

の7つの脳内物質について書かれていました。

医学書でこれらの物質について読むと学術的な話が先行しやはりわかりにくい部分があるのですが、この本ではこれらの物質を一言で表し(たとえばノルアドレナリンは「闘争と逃走のホルモン」である等、ほかにもエヴァンゲリオンのキャラクターに当てはめて説明されていたのが面白いと思いました)また日常生活にどのようなかかわりがあるかをメインに説明されており非常にわかりやすく実用的であって、なおかつ詳しい説明もされており、読み込めばしっかり勉強になると感じました。

 

また各物質の分泌方法についても触れられており、こちらも具体的な実践方法も示してありました。

アドレナリンであれば

・明確な目標を設定する

・目標を達成した自分をイメージする

・目標を繰り返し確認する

などなど、今すぐにでも実行できるよう身近な例を挙げて解説されていました。

医療関係者でなくてもとっつきやすい内容ではないかなと感じました。